住宅ローン返済難の方

経済的に、住宅ローンが返せなくなってきた方のために対策をご提示します。

住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合、放置していると不動産を競売にかけられ、最終的には強制退去させられてしまいます。
住宅ローンは、「返せなくなってきた」と感じたら、早めに「任意売却」などで対処することが大切です。

競売とは?

住宅ローンを組んで不動産を購入すると、その不動産には通常「抵当権」が設定されます。
約定通りの返済を受けられなくなった場合、債権者は抵当権を実行して住宅を売りに出し、お金を回収しようとします。

このように、債権者が不動産を売却する手段が「競売(きょうばい・けいばい)」です。

競売は、ある品物に対して複数の購入希望者が購入希望額を提示して、最も良い条件を出した希望者がその品物を手に入れるという売買形式です。「競り」や「オークション」を想像すると分かりやすいでしょう。

売られた不動産は落札者に所有権が移るため、住宅ローン滞納者は退去を余儀なくされます。
また、通常は競売の落札額では住宅ローン残務を払いきれません。よって、退去後も残務の支払いは続きます。

任意売却とは?

「任意売却」とは、住宅ローンの返済が困難となった場合に、専門業者に依頼して不動産を売却することにより、残債を返済することを指します。

任意売却では、債権者に抵当権を外してもらうため、債権者の同意が必須です。しかし、競売より高く売れ、残債の返済だけでなく引越し費用等も捻出できるケースもあります。

泉総合法律事務所では、豊富な経験を有する弁護士が、不動産の任意売却をサポートいたします。

住宅ローンが返せない場合の解決策

下記で詳しく説明していますのでご覧ください。

不動産所有者の債務整理について(任意売却)

38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00