不動産に強い弁護士に無料相談【東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪】
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所不動産問題
0120-553-813
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

その他不動産トラブルに関するよくある質問

Q

修繕積立金とは?

A
修繕積立金とは、毎月、マンションの外壁など共用部分に対する長期的な出費に備えて区分所有者が支払う積立金です。

その具体的な使い道としては、
・外壁などの定期的な大規模修繕
・事故や天災などによる損害の回復
などがあげられます。

特に、定期的な大規模修繕は10年から15年ほどの間隔で行うこととされていて、マンションごとに管理組合が長期修繕計画を作成しています。

共用部分の維持管理をするため区分所有者が負担しなければならない費用としては、ほかに管理費もあります。
管理費は日常的な維持管理のためのものですが、修繕積立金は長期的・大規模な出費に備えるものです。

マンション購入費用では住宅ローンにばかり目が行きがちですが、修繕積立金も無視できない負担となります。
新築マンションに入居する際には。「修繕積立基金」などの名目で数十万円が徴収されますし、入居後も修繕積立金の積み立て不足により、予想もしないタイミングで追加徴収されるトラブルも生じています。

マンションを購入する際には、
・修繕積立金の支払いも含めてローン返済に余裕があるかどうか
・修繕積立金が不当に安く設定されていないか
必ず確認しましょう。
[質問 91]
関連するよくある質問
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00