不動産に強い弁護士に無料相談【東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪】
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所不動産問題
0120-553-813
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

家賃滞納による建物明け渡しのトラブルに関するよくある質問

Q

占有移転禁止の仮処分の流れについて簡単に教えてください。

A
占有移転禁止の仮処分は、仮処分の申立?担保決定?担保金の納付?仮処分決定?保全執行の申立?保全執行という流れで進みます。

まず、賃貸人は、占有移転禁止の仮処分を裁判所に申し立てます。
裁判所は、申立を認めるべきと判断すれば、賃貸人に対して担保決定を出します。3日~10日以内に担保金を裁判所に納付してください。
担保金の納付を確認した裁判所は、占有移転禁止の仮処分決定を出します。

占有移転禁止の仮処分の効果が生じるには、さらに仮処分の保全執行が必要です。
仮処分決定が賃借人に送達されてから2週間以内に、執行官に対して仮処分の保全執行を申し立てます。
執行官は、賃貸物件に実際に出向き、占有移転禁止などについて記載された公示書を貼り付けます。

以上が、占有移転禁止の仮処分の流れです。
[質問 24]
関連するよくある質問
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00